手作りごはん

前回のキャットフードの原材料見ていただけましたか?

それに気付いたのも約1年前。

いろいろと調べているうちに
手作りご飯の情報を手に入れる。

書籍などで調べ、テトのアレルゲン以外のレシピで。


その手作りご飯


今年の1月から開始しましたので
もうすぐ1年です。


これは間違いなく改善へと進んでいます。


昨年よりもテトの症状が軽減されていますから。

もちろん、季節的な花粉などの飛散状況も異なる為
一概に良いとは言い切れませんが。

ま~市販のキャットフードよりはいいと思いますよ。


そこでテトのご飯作りを紹介。


DSC_0481.jpg


【原材料】

鶏ムネ肉
鶏レバー
鶏ハツ
鶏砂肝

ニンジン
ジャガイモ

かつお節





検査結果からこの原材料で



img064.jpg





DSC_0482.jpg


美味そうですw






DSC_0485.jpg


肉と内臓類は筋など硬い部分を取ります。



DSC_0484.jpg


フードプロセッサーに入れてミンチにします。


DSC_0486.jpg


ニンジン、ジャガイモもピューレ状態に。


すべて鍋に入れて火を入れていきます。





DSC_0488.jpg



出来上がりはこんな感じ。
かつお節の良い香り、鶏肉と野菜の良い香り。
実際に味見しましたが、味は薄いですが美味いです。
ジャガイモの澱粉でかなりドロっとした感じになります。
肉をフードプロセッサーにかけるときにあまりミンチにしすぎないのがポイント。
多少、肉のゴロゴロ感があったほうが食べ応えがあるからですね。


栄養面から

週に1~2回は

オリーブオイル、ごま油、鶏卵を混ぜています。

これらはたまにで良いみたいです。
毎回だと栄養過多になってしまうので。


実際に食事療法は結果が出るまでに
かなりの年月を要します。

この1年テトに手作りご飯を頑張って作ってあげました。

その結果、半年ぐらいから改善が見られました。
11ヶ月目の現在は、昨年よりもアレルギー症状は軽くなっています。

このまま続けていけば
完全に薬に依存することなく生活が出来ると願って。



しかし

極論を言えば
前述の長野の旅の記録にあるように
鶏もブロイラーではなく天然鶏、
野菜も有機無農薬を使わなくてはならない。
しかし、現状はスーパーでの食材で作るしかない。

キャットフードよりは遥かに良いと思うから
今の段階では現状維持で。



いっちゃん、すごっ!
ねこちゃん、幸せですね。
[ 2010/05/12 19:59 ] [ 編集 ]

>ノーラ寺谷さん

そうなんです、やってあげらられることはやってあげたい。

少しでも良くなればと願うだけです。
[ 2010/05/13 14:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souchou69.blog112.fc2.com/tb.php/22-f720ede7