見えないものの大切さ

32歳青二才ないっちゃんです。


開店してもうすぐ7ヵ月でございます。

思えば駆け足で、すべてのことを実感する間もなく
過ぎ去っていった気がします。

10月より定休日を増やし
少しですが自分の時間が持てるようになりました。


反省しなければいけないことは多々で
後悔しても仕方ない、
過去を思い、反省することは大事。
でも前向きにいかなきゃ、いっちゃんダメ。




いま嬉しかったこと。



以前から御近所なのに挨拶に行けていなかった

「笑門」さん

いっちゃんのお客様が切欠で先日、ようやく御挨拶にいくことができました。


つい先ほどのAM5:45のこと。
仕込みも終わり、片付けをしていると。

笑門オーナーが
いっちゃんに来て

「お疲れさま」

と。

いっちゃんまで来てくれました。


帰り道だったのかもしれないけど
そうやって、こんな青二才に声を掛けてくれたこと。



嬉しかったです。




たった一言で人は感動します。
400円の料理で人生が変わることもあります。
人の優しさがいずれ数倍になってどこかへ伝わることがあります。



何か大切なものを忘れていたな。





忙しさに感けて
感じる心を忘れていた気がします。


空が青いと感じて生きていきたい。







いっちゃんはぬか漬けである。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://souchou69.blog112.fc2.com/tb.php/151-2556fcf5