アレルギー項目の話 その1

img064.jpg

検査結果

陰性    54
擬陽性  10
陽性    28
強陽性  0

この結果を見て獣医さん曰く、比較的陽性が多いとのこと。

なぜこの92項目なのかは不明です。
アレルゲンとなりやすい物質の研究結果なのでしょうか。

12のカテゴリに分類されています。


今回は左から

・草
・雑草
・樹木

検証してみます。


テトの場合
完全室内飼いのため、これらの植物に接することはありません。

しかし、影響を受けるものの代表的なものが花粉です。

私自身も5年前に花粉症を発症し年に2度悩まされる時期があります。

テトも私と同じなんですね、花粉によるアレルギーが顕著に出ます。

【草】

調べたところすべてがイネ科の植物です。
食物のカテゴリを見てわかるとおり、米も陽性です。
テトはイネ科の植物全般がダメなんですね。

イネ科花粉は、5月から10月まで、長期にわたって飛散するのが特徴で
イネ科花粉の飛散時期は、大きく二つに分けられます。
一度目は主に5月から7月まで、二度目は主に8月から10月までの期間です。
前半の飛散は、主に帰化種(カモガヤ、ネズミホソムギ等)による飛散であり、
後半の飛散は、主に在来種(ヨシ、ギョウギシバ等)による飛散です。



続きその2はこちら

テトのアレルギー検査

2005年12月生まれのテト

生後8ヶ月頃からアレルギー症状が出始めました。

獣医さんに相談をして検査をしてみようということで
行ったのが「スペクトラム ラボ ジャパン」

採血をしてその血液をアメリカに送り検査をするというものです。

現在日本では動物のアレルゲン特定検査は行われていないようです。

テトの結果がこちらです

img064.jpg
クリックで拡大できます

浅草 花やしき 

浅草です。

目的は花やしき。

前から行きたかったんですよねココ。

IMG_0300.jpg


アトラクションはというと
シュールなものが多いです。

なかでもこのミラクルストーンというアトラクション。
隠された宝石を探す旅に出るのですが・・・・・

途中で最強ともいえる難関が立ち塞がります。

IMG_0303.jpg

この鉄格子の向こう側に行かなくてはなりません。
当然、鉄格子の幅は狭く子供でも通り抜けることはできません。

この鉄格子を通る術とは??!!

ありえない仕掛けが待っています!
これって正直わからない人多いんじゃないかな??
係員もいないし解決出来ない人は入り口まで戻るんだろうなw

これで300円。
恐らく関東で最強のアトラクションでしょう。(まじで)

IMG_0299.jpg

駅までの歩き道
昼間から酒を飲んでる人達が溢れてます。

俺たちもそれに誘われ
飲んだくれて帰りました。

等々力渓谷

サイクリングが好きです。

家から自転車で30分。

隠れた名所の等々力渓谷。

20070429_342354.jpg

中学の頃、科学の自由研究でこの土地の
古い地層が露出している分部が多数あって、その土を採取して
顕微鏡で調べてレポートした記憶がある。

それ以来行っていなかった等々力渓谷。

17年ぶりぐらいに行ってきました。

l_2ba00ad57e941414d499f8639dd764b63b02ecf7.jpg


すぐ上には環八が走っていて、
でもそのすぐ下は静かな渓谷。

なんとも秘境的な。

ここが世田谷区だということが嘘のように
静かに歩くことが出来る。

この時期は紅葉も綺麗でオススメのスポットです。

VIBES MTG バイブズ

2009年 VIBES

毎年開催されています。

今年は新潟 柏崎

PA119648.jpg


発表によると
10,000人6,000台のハーレーが集結したそうです。
過去最大。

凄いですね。

何をするかと言えば
ただ、テントを張ってキャンプをするだけです。
PA119724.jpg


ハーレー暦6年
初めてのバイブズ参戦でした。

来年はどこかな?

長崎 軍艦島

人生で3度目の長崎旅行。

1度目は家族で観光。
2度目は高校の修学旅行。

そして今回は軍艦島。

P1070333.jpg
長崎港からこの船で軍艦島まで行きます。


P1070347.jpg
50分ほど行くと、その姿を現してきました。


P1070352.jpg
徐々に近づいていきます。


P1070361.jpg
そして上陸。
この日は、あいにくの小雨模様。
関係者曰く 「今日はラッキーですよ、年に100日は天候不順で上陸ができない」とのこと。


P1070367.jpg
実際に見て回れるところは軍艦島の極一部です。
内部などは崩落の危険性があるために遠くから見るだけです。

しかし、実際に見に行くと感動はありました。
完全に観光地化される前に行ってみたかったものです。